大空町ひがしもこと芝桜公園|丘一面の芝桜に圧倒される

 

ひがしもこと芝桜公園の芝桜1

 ひがしもこと芝桜公園の芝桜1

今回紹介するのは北海道大空町東藻琴にある「ひがしもこと芝桜公園」の芝桜。
昔は「東藻琴村」でしたが、2006年に女満別町と合併して「大空町」になりました。
毎年5月下旬になると、丘一面の芝桜が楽しめます。本当に「旬」の時期に行くと、その規模と美しさに圧倒されることでしょう。私は何度も足を運んでいますが、そのたびに新鮮な驚きを味わっています。

  丘一面の芝桜。写真だと規模が分かりにくいかも

  丘一面の芝桜(2011年) 写真だと規模が分かりにくいかも

昔は敷地内に温泉宿が何件かあったのですが、廃業して解体されました。建物がボロボロだったので、正直景観を乱しているなと思っていたんです(笑)
近年、日帰り入浴施設と足湯施設が新しくできたみたいですが、私が最後に行った2011年にはまだ無かったです。

  ひがしもこと芝桜公園の芝桜2

  ひがしもこと芝桜公園の芝桜2

  ひがしもこと芝桜公園の芝桜3

  ひがしもこと芝桜公園の芝桜3

こうやってマクロで撮ってみると、芝桜の花にもいろいろな形があるのがわかりますね。
実は芝桜の撮影は、ラベンダーなどと同じで、ほぼ単一の色彩なので、露出やホワイトバランスが難しいです。もしかしたら、近年のデジカメはしっかりとフルオートで判断してくれるかもしれませんが、当時の私の古いデジタル一眼では、試行錯誤の状態でした。(2003年製EOS kiss Digital(初代))

  ひがしもこと芝桜公園の芝桜4

  ひがしもこと芝桜公園の芝桜4

  遊ぶ子供たちが絵になる

  遊ぶ子供たちが絵になる

そういえば、遙か昔にリバーサルフィルムで撮影した芝桜公園の写真があるので、そのうち機会があったら掲載します。一本1200円もするフィルムだけあって、別世界の写真になっています(笑)

p.s.
この東藻琴には、「東藻琴村営軌道」という鉄道が昔あったんですよね。地方ローカル鉄道にしては珍しく経営が順調だったようです。その話もいずれ書けたら良いなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)