ファーム富田のラベンダーとお花畑|花人街道(美瑛~富良野)の夏を楽しむ

 

ファーム富田のラベンダー
  ファーム富田のラベンダー

「7月の北海道を観光するならどこがオススメ?」
と聞かれたら、私は迷わず、「美瑛から富良野にかけてのお花畑」と答えます。

ぜるぶの丘、かんのファーム、四季彩の丘、日の出公園、フラワーランドかみふらの、ファーム富田、彩香の里などなど、「花人街道237」と呼ばれる国道237号線の沿線には日本有数のお花畑がたくさんあり、7月中旬から8月上旬に見頃を迎えます。

そんな中で今回取り上げたいのは、中富良野町のファーム富田。ラベンダーやポピーを始め、様々な花を楽しむことができます。私は、7月のこの農園を見るだけでも、

北海道に来る価値があると思います。

ファーム富田が観光名所として有名になったのはここ20年ぐらいの話ですが、農園としての歴史は古く、創始者である富田徳馬氏がこの地で開墾を始めたのは1903年の話です。そして香料としてのラベンダーの栽培を始めたのは、徳馬の孫である富田忠雄氏で、1958年のこと。その後、いろいろと工夫をしながら事業を拡大し、ポプリや香水、石けんや化粧品まで自社開発を行う企業に発展しました。

ファーム富田の通販サイトはこちら

さて、そんなファーム富田ですが、広大な敷地に、「これでもか」と言うぐらい多種多様の花々が咲き誇っています。わずかではありますが、写真で紹介したいと思います。

まずは定番、ラベンダーを少し。(2006年頃撮影)

ファーム富田のラベンダー2

ファーム富田のラベンダー2

ファーム富田のラベンダー3

ファーム富田のラベンダー3

ファーム富田のお花畑「彩りの畑」

ファーム富田のお花畑「彩りの畑」

ポピー園も圧巻です。この鮮やかな色は、一生忘れないでしょうね。

ファーム富田のポピー園

ファーム富田のポピー園

そして、「夏」と言えばこれでしょうか?

ファーム富田のひまわり

ファーム富田のひまわり

8月になっても衰えを知りません。

8月のラベンダー

8月のラベンダー

こちらも8月のファーム富田。「秋の彩りの畑」

こちらも8月のファーム富田。「秋の彩りの畑」

※写真が古いので、現在は畑の配置が多少違うかもしれません。ご了承願います。

ちなみに、私はこれまで色々な花の写真を撮ってきましたが、ラベンダーの写真ってめちゃくちゃ難しいです。あの鮮やかさが上手く表現できないんですね。修行が足りないです(笑)
 
まだまだ写真のストックはあるので、別の機会にまた紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. カノン より:

    相変わらず ステキな写真ばかり・・・(* ´艸`)

    北海道といえば ラベンダー みたいなとこあるけど
    一度は 実際に見てみたいなぁ
    、、、っつか すっげ~~~ 広いのね
    想像以上だわ(^^;

    • noah より:

      カノンさん、こんばんわ!
      今年開通した北海道新幹線のボディにもラベンダー色のラインを入れたぐらいなので、北海道人にとっても、ラベンダーは北海道の象徴なんでしょうね(笑)
      この記事を書いたときは計画していなかったのですが、先日、実に10年ぶりにファーム富田に行って参りました! さらに畑が拡張されていてびっくりです。後日、このブログでレポートしますね~

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)