世界で最も寒い定住地・オイミャコン。-71.2℃を記録した村

 

   ヤクーツクからオイミャコンへ続く道

   ヤクーツクからオイミャコンへ続く道

先日の記事で、小樽の夜が寒いというお話をしたのですが、世界で最も気温が低い場所ってどこだかご存じでしょうか?

南極? 確かに「場所」としてはそうですが、今回は人が住んでいる場所の話です。

それはロシア連邦のオイミャコンという村です。なんと、過去に氷点下71.2℃を記録したことがある村なんです!

   オイミャコンの「寒極の地」の看板

   オイミャコンの「寒極の地」の看板

ちなみに、Googleで「オイミャコン」を検索すると、検索結果に現在の気温が出ます。便利な世の中になったものです。

  Googleの検索結果。オイミャコンの現在気温が。

  Googleの検索結果。オイミャコンの現在気温が。

深夜の2時近くですが、現在気温は-37℃。
あれ? たいしたことないですね(笑) 日が悪かったかな。

オイミャコンは、ロシア・サハ共和国の北東部に位置する村で、人工は462人(2010年現在)で、世帯数は約120だそうです。村の産業は畜産ということですが、そんな寒い中でどんな家畜が育つんでしょう??

   オイミャコンの場所 Googlemapより引用

   オイミャコンの場所 Googlemapより引用

1月の最低気温の平均は-50℃ぐらいということなので、今日の-37℃というのはかなり「暖かい日」なのかもしれません。

   オイミャコンの気温(統計) wikipediaより引用

   オイミャコンの気温(統計) wikipediaより引用

これを見ると、5月でも最低気温が-4.7℃とかなんですね。最低気温の平均がプラスになるのは、6~8月の3ヵ月だけのようです。でも、最高気温の平均は7月で22.7℃ですから、日中はそれなりに暖かいようです。寒暖の差が恐ろしく激しいですね。-50℃とかになると、最近やウィスルが活動できないので、感染症にかかることはほとんど無いらしいです。

そんなオイミャコンではどんな暮らしをしているんでしょうか?

・水が凍結してしまうため水道がない、給水車が各家庭に給水を行っている。
・付近では魚が獲れるが、気温が低い時、釣った魚は外気に触れた途端に凍りつく。
・冬場、洗濯物は外に干す。一瞬にして凍るので、あとは氷を落とせば乾いた状態となる。
・クルマは暖房のあるガレージに入れる。外に駐車する場合はエンジンを切ってはいけない。
・家の玄関は二重になっていて冷気を室内に直接入れないように工夫されている。
・村人の家には必ずペチカという暖房とオーブンが兼用の設備がある。また、薪を燃やして温められた水がパイプを通って家の中をめぐり家全体を温めている。そのため常に+20℃はある。
・村人はみんな長寿命。感染症が少ないため?
・緯度が高いため、夏は夜が3時間しかなく、冬は昼が3時間しかない。

   オイミャコン唯一の商店

   オイミャコン唯一の商店

   石炭暖房プラント

   石炭暖房プラント

という感じです。

すごい生活ですよね・・・(^^;)
なぜそんなところに村が、と思うんですけど、実は、北海道に住んでいる私たちもそう思われていたりして(笑)

<参考サイト>
wikipedia
”世界一寒い村”のオイミャコンあるあるがあり得ない!(naver)
シベリアの世界一寒い村「オイミャコン」の冬はこんな感じ(DNA)
世界一寒い村ロシアのオイミャコン村|ザ!世界仰天ニュース(テレビのブログ)
<画像提供>
Oymyakon, the Coldest Inhabited Place on Earth

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)