小樽雪あかりの路|街も運河も雪あかり染まる。2016年は2月5~14日

 

  イベント「小樽雪あかりの路」期間中の小樽運河

  イベント「小樽雪あかりの路」期間中の小樽運河

1月に入り、朝晩の冷え込みが激しくなってきました。この凍てつく寒い空気を肌で感じると、決まって思い出すことがあります。それは、毎年冬に開催される「小樽雪あかりの路」です。

今回は、私が以前「小樽雪あかりの路」を訪れたときの写真を紹介します。
 

「小樽雪あかりの路」とは、毎年2月に小樽で開催されるイベントで、期間中は小樽の街中にたくさんのアイスキャンドルが設置されて、とても幻想的な雰囲気を醸し出します。小樽のレトロな街並みにぴったりなイベントです。

街中に設置されるアイスキャンドル

   街中に設置されるアイスキャンドル

設置されるアイスキャンドルの数は約12万個とか。初めて見たときはその多さに唖然としました。大勢のボランティアが頑張って毎日作っているようです。ボランティアの数は約2000人だそうです。

   カラーのキャンドルも

   カラーのキャンドルも

ちょうど札幌雪まつりの期間に合わせて行うので、かなりの観光客が訪れます。

運河沿いを散策する大勢の観光客

   運河沿いを散策する大勢の観光客

本当に幻想的で素晴らしいひとときを過ごせます。私としても自信を持ってオススメできるイベントです。

ただし、ちょっとした小さな欠点があります。

超さむいです!!(>_<)

決して薄着をしていたわけではないのですが、30分も経たないうちに寒くて外に居られなくなりました。適当な飲食店で暖を取るという手もありますが、これだけ人が出ているのですから、席が空いている店を探すのは至難の業です。なので、私はすこし歩いてはコンビニに入り、歩いてはコンビニに入るという、非常に迷惑なヤツになってました(笑) 行く予定のある方は、厳重に厚着をしていきましょう。

それともうひとつ注意点を。気温が低いため、カメラのバッテリーが異常に早く無くなります。写真を撮られる方は予備のバッテリーをたくさん用意した方が良いです。

アイスキャンドルのアップ写真

   アイスキャンドルのアップ写真

   街の至る所にアイスキャンドルが

   街の至る所にアイスキャンドルが


 

ということで、そんな「小樽雪あかりの路」。今年2016年は2月5~14日に開催されます。

公式サイトはこちらです→【小樽雪あかりの路 公式サイト】

最後に、、、

このイベントの名前は、北海道出身の詩人・伊藤整さんの詩集「雪明りの路」にちなんで命名されたそうです。
その詩集の中のひとつの詩「雪夜」を紹介します。

あゝ 雪のあらしだ。
家々はその中に盲目になり 身を伏せて
埋もれてゐる。
この恐ろしい夜でも
そつと窓の雪を叩いて外を覗いてごらん。
あの吹雪が
木々に唸つて 狂つて
一しきり去つた後を
気づかれない様に覗いてごらん。
雪明りだよ。
案外に明るくて
もう道なんか無くなつてゐるが
しづかな青い雪明りだよ。

<小樽雪あかりの路 公式サイトより引用>

★応援よろしく♪ → [人気ブログランキング]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)