キラキラ☆プリキュアアラモードがスタート! はじめてのDVDと変身シーン

   2017/02/06

12月に書いた記事でもお伝えしましたが、今日からプリキュアの新しいシリーズが始まりました。プリキュアシリーズの通算14作目にして、12代目のプリキュア。その名は、

「キラキラ☆プリキュアアラモード」

今朝の8時30分スタートだったので、録画しつつ15分差の追っかけ再生を見ました。普段はもう少し落ち着いてからゆっくりと見るのですが、毎年プリキュアの初回は、放送終了後に合い言葉の告知があり、その合い言葉をおもちゃ屋さんの店員に伝えれば「はじめてのDVD」がもらえるため、急いで見たという。まんまと販売戦略にハマっているような気がします(笑)

で、10時ごろ近くのおもちゃ屋さんに行ったのですが、なんと9時半には無くなってしまっていたとのことで、今年もDVDゲットならず。番組が終わったの9時で9時半に無くなるって、どんだけ競争率が高いんだ?! まあ、娘もそれほどガッカリしてなかったのは、DVDが無くてもその後Youtubeで見れるということを店員さんに教えてもらったからのようです。

ということで、はい。これがもらい損ねたDVDの内容です(公式チャンネル)。28分もありますので、あとでゆっくりと見ましょう。

今回のプリキュアのテーマは「スイーツ」。なんと言っても、キャッチコピーが「つくって!たべて!たたかって!」という、バトルアニメとしてはなんとも微妙な感じです。

で、第1話を見て気がついたのですが、今回のプリキュアはパンチやキックなどの物理攻撃、いわゆる「肉弾戦」がありません。魔法が使える前作の「魔法つかいプリキュア」でさえ攻撃は物理攻撃だったのに(笑) 今回唯一登場したプリキュア「キュアホイップ」の攻撃は、スティックの先からクリームのようなものを伸ばして、ムチのように敵にダメージを与えていました。

調べてみたら、今回のプリキュアは構想の段階から「肉弾戦を封印する」方向で考えていたようです。やはりテーマを「スイーツ」にしたことがキッカケのようですね。東映アニメーションの神木優プロデューサーは次のように話しています。

肉弾戦はシリーズの代名詞でもあったので、大切にしてきた。考えた末の決断。一方で、スイーツのときめきをバトルに生かしたい。物理攻撃でなくてもバトルを描けるのではないか?と考えた。挑戦をしたかった。

また、シリーズディレクターの暮田公平氏は、

スイーツを作ったり、食べる楽しさをバトルでも生かせないか?と考えた。バトルでもときめきを見せたい。エネルギー源をホイップの形にするなどスイーツをイメージしたエフェクトで戦うことになる。アクションも楽しく見せられるように、試行錯誤中

と語っています。(MANTAN-WEBより引用)

なるほど~。確かに、スイーツと激しいバトルは合わないような気がしますよね。食べ物は大事にしなくちゃ。今回はキュアホイップしか出てきませんでしたが、来週はキュアカスタードが出てくるようなので、5週で5人揃うのかな? それぞれがどんな攻撃を見せるのか楽しみにしたいと思います。

さて、恒例(?)の変身シーンの検証ですが、魔法つかいプリキュアの第1話での変身シーンはなんと81秒。その間、敵は何をやっているのだろうというツッコミは置いておいて、今回の変身シーンを見てみましょう。

はい、71秒です!! 魔法つかいの勝ち!(何が?)

やはりスイーツをテーマにしているだけあって変身シーンもなんとなくホノボノとしていますね(笑) でも、51秒目のウインクは破壊力抜群で、私はここでやられてしまいました(謎)

ということで、思ったよりもちゃんと作られているようなので安心しました。私はたまにしか見ませんが、娘が楽しみにしているので、これから盛り上がってくれることを祈っています。

でわでわ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)